×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔のたるみの原因1

「表情筋」の衰えが原因でおこる顔のたるみ。これは老けた印象の顔を作ってしまいます。直接この「表情筋」に影響を与えるのが、「僧帽筋(そうぼうきん)」と呼ばれる筋肉です。背中の肩胛骨の上にある筋肉が「僧帽筋」と呼ばれる筋肉です。この「僧帽筋」が引っ張り上げているのが表情筋というわけです。背中から頭のてっぺんをぐるりと一周している「僧帽筋」は、あごの下まで影響を与える筋肉です。

顔のたるみの原因2

「僧帽筋」が固まることで、表情筋がうまく引っ張り上げられなくなってしまいます。これが顔のたるみの原因となってしまうのです。さらに光老化といって、紫外線の影響によって老化現象が早まることがあります。紫外線が顔のたるみの原因のひとつになることもあります。顔の皮膚が伸展するのは、皮膚の真皮層にある「エラスチン」が影響しています。日常生活の中で紫外線をたくさん浴びてしまうと、エラスチンが不規則に変形し塊になります。

顔のたるみの原因3

それによって柔軟性がなくなりその結果顔がたるむというわけです。またコラーゲンの生産量の減少は肌のハリを失わせ、顔のたるみの原因となってしまうのですが、このコラーゲンの減少にも紫外線の影響があるといわれています。顔のたるみを解消するためにはまず紫外線に長い時間あたらないように心がけることが大切です。また姿勢いつも正し、コラーゲンを多く含む食事を取るようにしてみるとよいでしょう。

Copyright © 2007 顔のたるみの原因